スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
水商売の上下関係
2007/02/19(Mon)
これはキャバクラでの話。

接客業というか、人付き合いをしていく上で大事になってくるのが
空気を読む」ということ。
空気が読めなくて仕事になるはずが無い。

目先の金しか見えてない年下嬢が、周りが見えてなくて、楽しい場を壊してしまった。
3人居る女の子の中で、一番低脳な子がお店に入った順番では一番先輩だったりするのだ。

A嬢指名のBさん、それとお連れのフリーC、Dさんという席に回していただいた。

もちろんBさんにはA嬢が着き、私はCさん、Dさんには年下のEちゃんが着いた。

そこでEちゃんが、
Cさんに以前場内指名を貰ったと、着席早々色目を使って話し始めた。

わかるでしょうか?
この時点で空気が読めていない。

結局ずっとこの調子でEちゃんは私が接客するはずのCさんに話し続け、本来Eちゃんが接客するはずのDさんはEちゃんに背を向けられたまま放置されていたとゆうわけ。

ここで怒ったのはBさんだ。
Bさんが怒れば、指名を貰っているA嬢も迷惑だ。
接客する相手を取られている私も迷惑だし、放置されているDさんも面白くない。

色目をかけられているCさんだって、以前の話をされたって本気じゃないので困っている。

こうなった場合、誰が一番強いかが問題になる。

なら、指名を貰っているA嬢が強いはず・・
だけどそうは行かないのが水商売だ。

年齢で言えばA嬢が一番上で、次が私。
Aちゃんはお店の中でも最年少クラス。

水商売歴で言えば私が一番上で、Eちゃんは水商売歴が1年も無い。

数字を取っているのはA嬢。

でもこのお店での先輩は、残念ながらEちゃんだ。

そしてその場のC、Dさんの空気もある。
さらにEちゃんの性格もある。素直に聞き入れるような子ではない。

まともに怒ってしまっても余計に空気が悪くなるのだ。

ここはうまく空気を変えなければいけない・・

私は一旦お手洗いにと席を離れタイミングを作り、
怒っているBさんに任せて席替えをしたり、まとまるような会話を振ったりした。

が、
読めない子は読めないのだ。

わからないものはわからない。

Cさんには色目を使い、Dさんにもちょっかいを出すことを止めようとしない。
最悪のパターンを繰り返す・・。

「いい加減イラつくから帰るわ。」
Bさんは怒って帰ってしまった。
指名を貰っているA嬢にとっては最悪な事態だ。

残念ながらBさんは、いわゆる「太客」だった。

帰ってしまった後ではもう遅い。

Eちゃんにすごく腹が立ったし、自分の力の無さにも腹が立ったし、
指名を貰ってるのに対処できないA嬢にも腹が立った。

後々馬鹿みたいなお店からの事情聴取を受けた。


文章にすると滅茶苦茶ですが・・^^;
キャバクラ事情
大事なことを書いたつもりです。


いつもありがとうございます<(_ _)>
本日も応援クリック宜しくお願いします!

スポンサーサイト
この記事のURL | お水日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<いつもとは違う日 | メイン | お客様Kさんとの思い出>>
コメント
ご無沙汰してます。
碧月さんご無沙汰してます^^;
最近だらけていました(*o*;)
久しぶりに応援させていただきます☆
2007/02/19 11:31  | URL | チョーウォン #-[ 編集] |  ▲ top

『空気を読むこと』もちろん水商売では大事なことなんだろうね。普段の生活のときでもこれは大事だね。
自分だけでやってるわけじゃないけん、周りの人にも気が配れる人になりたいもんです(*^_^*)
2007/02/19 18:39  | URL | 毛イン濃すぎ #-[ 編集] |  ▲ top

>チョーウォンさん
お久しぶりです!
お忙しいようで^^
応援ありがとうございます!

>毛イン濃すぎさん
私も日々、人の顔色をうかがってみながら生活してます。笑
悪気が無いのに人を怒らせちゃうってイヤですよね・・。
2007/03/03 16:51  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/99-a2c50819


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。