スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
交通事故
2006/12/02(Sat)
「Sが事故った。」

つづき↓
「え・・怪我ひどいの?」

今までの話の流れからして、良い話ではないとわかってはいたが・・。


脳死だって。もってあと2週間だって医者は言ってる。」


元彼とS君は幼馴染で、本当に仲が良かった。

S君は野生児という言葉がよく似合う子だった。
色黒で足が速くて運動は大の得意。
頭の回転もよく理数系の科目も得意で、性格はとにかく明るかった。

誰とでもお喋りが出来て、色んな友達がいた。

私がちょっかいを出しても怒らずに笑っててくれた。

黒板消しで顔や頭をはたいて真っ白にしてやったり
無理やり化粧をさせてクラスの笑い者にしてやった事がある。

それでも怒らず、
追い掛け回された事もあったけどいつも笑ってた。

そしてS君はたまに良い言葉を言ってくれた。
何を言ってくれたかは覚えてないけど、「空が青いよ。」みたいなそんなシンプルな言葉。


そんなS君が突然の事故に遭い・・

「脳死って何?」

「心臓は動いてるけど意識は無いしもう戻らない。植物人間で、後は死ぬだけだよ。」


信じられなかった。
事故を起こすようなヘマをする子じゃない。
ましてや脳死だなんて・・

「どんな事故だったの?」と聞くと

「バイクに乗ってたら居眠り運転のトラックに思いっきり撥ねられて、メットが飛んじゃって頭打ったんだって。
 5メートルくらい飛ばされたって目撃者が言ってるらしいよ。」

「ありえない・・。」
もう言葉が出なかった。

そんな事があっていいのか。

「そんで犯人は無傷だって。マジで殺したいんだけど。」
彼はどうにか怒りをこらえて冷静に話をしてくれていた。

「やめなよそんな事・・。」

そして彼は電話を切る前にこう言った。
「もう死んでるのと同じだけど、お見舞い行けたら行ってあげてよ。」

私は「わかった。」と言って電話を切った。

入院先は地元で一番大きな病院だった。


だけど私は一度もお見舞いには行かず、
お葬式にも行かなかった。


あれから2年以上も経ったんだね。


つづく・・

スポンサーサイト
この記事のURL | 学生時代のあれこれ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<旅立った君へ | メイン | 言えなかった言葉>>
コメント

またお邪魔しに来ました(>_<)
続きを読んで愕然としました・・・。
なんだか人の運命って時に残酷ですよね。
明日誰がどうなってるか分からない。
自分も同じ事。
だから毎日精一杯生きてる。
一生懸命に生きて、自分はここに居るよという証が欲しいなって思いました。
なんだかしんみりしちゃったコメントでごめんなさい。
S君のご冥福をお祈りします。
2006/12/02 07:36  | URL | 麻衣 #-[ 編集] |  ▲ top

やるせないですね。。身近な人間が同じような事故に巻き込まれて脳死だなんて言われたら、きっとかける言葉もでてこないと思います。心臓が止まるの見守るだけなんて、辛すぎます。
2006/12/02 20:07  | URL | ダイビッツ #-[ 編集] |  ▲ top
コメントありがとうございます!
>麻衣さん
突然の死って悲しすぎますよね;;
自分が生きている証・・
毎日、一生懸命じゃなくても、楽しく笑って過ごしたいですね!
ありがとうございます。

>ダイビッツさん
そうなんですよね・・。
辛すぎる突然の出来事でした;;
苦しまなかっただけ良かったのかもしれないけど。
2006/12/02 23:46  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/49-7f88c7a8


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。