スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大好きなおばぁちゃん
2006/11/21(Tue)
ふと、おばぁちゃんの声を聞きたくなった。

いつも優しく見守ってくれていて
ちょっとお茶目で
暇さえあれば動いている。

おばぁちゃんは今年の7月7日で77歳になった。

丁度家の食料が底をついたので、
野菜を送って欲しいという理由で岡山のおばぁちゃんに電話をかけた。

今年はじゃが芋と玉葱はほとんど出来なかったらしい。
松茸も見つからなかったそうだ。

「元気でやりょーるん?」

「元気だよ、やっと仕事も慣れて順調だし。」

「そうですか、しっかりやりんさい。先月お父さん戻ってきたんで?」

先月
夜逃げした父は今お世話になっている人を連れ、岡山へ帰ったそうだ。

「そうらしいね。」と私が言うと

「お父さんの背中が気にいらんのじゃ。」
おばぁちゃんは突然ポツリとそう言った。

父の背中には大きな刺青が入っている。

ヤクザ
借金
刺青
夜逃げ・・


母親にとって、悲しすぎる結果である。

もうおばぁちゃんの悲しそうな声は聞きたくない。
「おばぁちゃんも大変だったね、こっちも色々あったけど片付いたよ。」と言うと

「お陰でお前はしっかりしとるなぁ。はよええ人見つけてあれしんしゃい。」

おばぁちゃんはいつも早く結婚しろと言ってくる。
出来るならもうしてるっつーの。

「孫の顔を見たいとまでは言わんけぇ、結婚式くらいは出たいんじゃ。元気のあるうちになぁ。」

はとこ2人は私とそんなに歳が変わらないのに、もうすっかり子沢山だそうだ。
おばぁちゃんはすごく嬉しそうに話してくれた。

時間は限られている。

あたしだって花嫁姿見て欲しいよ。
それが一番の孝行だと思ってる。
一番最初に、おばぁちゃんにおめでとうって言ってもらいたい。

だけど
こればっかりはねぇ・・。

「うるさいなー焦って失敗したらどうすんのよ!長生きして待ってなさい!」

こう言った私に対し、おばぁちゃんは「はいはいそうですか~。」だって。


おばぁちゃん、どうか長生きしてね。

今おばぁちゃんが居なくなってしまったら
あたしきっと何も出来なくなっちゃうよ・・。


スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<今日の小さな幸せ | メイン | 出会い>>
コメント

おっ!おばあちゃん777並びですね!
めでたいですね!
7777ちょっと遊びがしたくなりました^^;
2006/11/21 13:24  | URL | チョーウォン #-[ 編集] |  ▲ top

おばあちゃんが彫り物いやがるのもわかります。
刺青といえばイメージはやくざ、遊び人ましてや
せっかく親からもらった体をいじるというのはどの
親もいやですよね!
碧月さんは彫り物している男を捕まえないでくださいね!!
2006/11/21 18:29  | URL | bun #-[ 編集] |  ▲ top

碧月さんのだんなさん、素敵な男性であればいいですね。
出会いは自分で引き寄せているものだから、いつも素敵な心でいれば
きっといい人が現れると思います。
え?すでにいるって?!
ぽちっと!
2006/11/21 23:10  | URL | ume #-[ 編集] |  ▲ top

韓国映画で[おばあちゃんの家]ってあるけど、泣けたなぁ・・天皇陛下も見たらしい。
2006/11/22 02:25  | URL | びわ #-[ 編集] |  ▲ top
皆さんへお返事♪
>チョーウォンさん
ギャンブルはいけませんよ!
本当にめでたいおばぁちゃんです。
お小遣いに1万円あげました。笑

>bunさん
ちょっとしたタトゥーとは訳が違いますからね;;
戦後を生きた強い心の持ち主としては特に納得がいかないでしょうね。
私はヤクザ関係の男は絶対に選ばないぞー!

>umeさん
まだ王子様に出会ってません!
Someday..気分は白雪姫です~^^
応援ありがとうございます☆

>びわさん
おばぁちゃん家に預けられる子供のやつ?
私も見た気がする~。
質素だけど心に残る作品だったような。
2006/11/24 03:49  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/38-3eced6aa


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。