スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一瞬で失った体の一部
2006/11/11(Sat)
さらに引き続き、悲惨な中学生時代を送った友人の話。

人生に後悔は付きものだが、
軽い気持ちで起こした行動が、時に最悪の結果となる。

あれは高校2年生の夏休みの終わり頃。

浮気をした先輩の前で手首を切った彼女と
それを見ていた私や友人、そしてつるんでいる友人何人かで集まった事があった。

その中に、先輩を寝取った後輩本人も居た。

場所は何故か学校のロータリー。


その浮気事件の直後、
「先輩の彼氏を寝取った後輩が悪い。」という事になり、
皆仲良くするのはもう辞めよう。という話になった。

しかし私はそんな仲間意識が嫌いだった。

もちろん人の男を奪ってはいけないし、浮気だって良くない。
だからって
本人同士なら問題無いが、被害にあってない私達がその後輩を無視したりいじめたりするのは話が違うと思ったのだ。
「あたし関係ねぇじゃん。」

だから私はその後輩にこう言った。
「お前がした事は悪い事だけど、あたしは皆みたいにいじめたりする気は無いからね。」

かばうとかじゃなくて、その仲間意識の一員になるのが嫌だった。

実際私はその後輩とはあまり交流は無かった。
仲が良かったのは私以外の友人である。

後輩は泣きながら何度も謝ってきた。
そしてちょくちょく私に引っ付いてくるようになった。

暫くすると彼女の手首の傷も治り、くだらない仲間意識も消えていった。
また元通りの生活になった夏のある日の事だった。

後輩含め、ロータリーの日陰の下 皆で日常会話をしていた。
「夏休あっとゆう間に終わっちゃうね~。」みたいな会話をしていたら
その後輩が一言余計な事を言ってしまった。

「夏休み前ですよね、あたしが先輩とヤッちゃったのって。女癖悪いですよねあの人。」

私は他の友人とくだらない話をしていてその言葉をはっきりと聞いていなかったのだが、
例の彼女が立ち上がってその場から居なくなり、
一人の友人が後を追って行った。

「何かあったの?」と残っている友人に聞くと
「(後輩が)余計な事言うからだよ。」と言われた。
後輩は「まずかったですかね・・。」と困った顔をしていた。

過ぎた事とは言え失礼な発言である。

その直後だ。
ちょっと離れた所から友人の叫び声が聞こえた。

「救急車!救急車ー!!」

私達は現場が見えないのでキョトンとしていた。
するとその友人が走ってきて「救急車呼べって言ってんだろぉがよ!!」と大声で怒鳴ってきた。

これは何かあったんだな、と思い彼女が居る場所まで走って行った。

私はその現場を見て泣いてしまった。

彼女はコンクリートの上にうつぶせになっていた。
右足の太ももの裏が真っ赤になっていて、ひどい血の量だった。

彼女は後輩の一言にカッとなりその場を離れ、そこにあった強化ガラスで出来た扉を蹴った。
蹴ったつもりが足がスボッと入ってしまい、バランスを崩してそのまま後ろに倒れてしまった。
そして割れて尖っている強化ガラスに太ももの裏の肉を半分近く削ぎ取られたのだ。


信じられない光景だった。


続く・・


スポンサーサイト
この記事のURL | 学生時代のあれこれ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<中学生の性の裏事情 | メイン | 心の傷と体の傷>>
コメント
壮絶な・・
きっと目を覆うような光景だったでしょうね。
傷つきやすい彼女に起こった事は
あまりにも過酷でしたね。
心無い一言を発した後輩もなんだかなぁ。
人が人を傷つける・・やるせないものです。
2006/11/11 08:29  | URL | まつとも #MsNnmd2o[ 編集] |  ▲ top
おはようございます^^
>まつともさん
本当に不幸な子としか言いようがないな、と思ってしまいましたね^^;
その一言が、そしてその一瞬が大きく事態を変えるものですね。
後輩は和解しようとしたんでしょうが間違った言い方をしちゃいましたね。
2006/11/11 14:13  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top

気がつけば2話も進んでいましたね。
程度の差はあれだれもが通る道だけど・・・
だからこそそのときはわからなくても大人になって
痛みがわかるのだと思います。
その代償はそれまでの自分自身への跳ね返り・・・
そのときは大変ですが、それもみんな一生懸命
がんばっている姿ですからね。
2006/11/11 23:05  | URL | ume #-[ 編集] |  ▲ top

みんな一生懸命
がんばっている
2006/11/12 01:36  | URL | garusia #-[ 編集] |  ▲ top
コメントありがとうございます!
>umeさん
そうですね、一生懸命生きている証拠ですよね。
そうやって色々身に付けて生きていくのですね 皆^^

>garusiaさん
初めましてです<(_ _)>
皆みんな頑張って居ますね、背中に大きなリュックをしょって・・。
2006/11/12 06:34  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top
リアルすぎて・・・
光景が目に浮かびますよ・・・
その現場は普通の心境じゃみれませんよね?
傷つけあう関係はほんと良くないし、切ないです・・・
2006/11/14 02:27  | URL | 健一 #-[ 編集] |  ▲ top
こんばんは~^^
>健一さん
いやぁ~、一瞬であんな事になるなんて・・
さすがにショックがでかすぎましたよ^^;
過ぎた事とは言え、相手の気持ちを思いやらなければなりませんね。
2006/11/14 02:42  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/29-2ac85ddb


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。