スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
心の傷と体の傷
2006/11/10(Fri)
昨日に引き続き、中学生の頃の友人の話。

死にたくてやったんじゃない。

心の傷は目に見えない・・

彼氏の前で手首を切ってやった彼女は冷静だった。

切る事にも、そこから血が流れる事にも慣れていたからだろうか。
それとも憎い彼氏の目の前で復讐が出来たからだろうか。

救急車を呼ぶかと彼女に聞くと、呼ばなくていいと言われた。

何も言えず立ち尽くしている先輩。
「居てもしょうがないからもう帰っていいですよ。」と言って帰らせた。

丁度その公園の隣がスーパーだったので
私と友人は急いで応急処置用にとティッシュや包帯を探しに行った。

もちろん金なんて払うわけもなく、得意の万引きで。

少ない知識でなんとか止血した。
その時になると彼女は後悔しているような顔つきだった。
親にバレないわけが無い。

「ごめんね・・もう大丈夫だから。帰っていいよ。」
私と友人は彼女にかける言葉も無く、私達は静かにその場を去った。

「ありえるとは思ってたけど本当にああなるかよ~・・。」
「マジで焦ったし。」
「親に何て言うんだろうね。」
「あれが始めてじゃないしね、また泣かれるんじゃないの。」

彼女はその前にも男とモメて手首を切っていた。
この時は大した傷では無かったのだが、それ以降何かある度に彼女は自分の腕を傷付けていた。


彼女は家に帰るなり、素直に母親に話したそうだ。
すぐに病院へ行き、何針か縫ったと翌日その手首を見せてもらった。
縫い目の間から傷が開いていた。
なんとも痛そうな傷だった。


しかし彼女はもっと悲惨な目にあう事になる・・
私はその時の酷い光景を今でもはっきりと覚えている。



スポンサーサイト
この記事のURL | 学生時代のあれこれ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<一瞬で失った体の一部 | メイン | 中学生の実態>>
コメント

心の傷を外に表現する方法がリストカットだったのですね。
なんとも不器用で、切ない表現です。
まだ続きがあると言う事なので、
それを拝見してからまたコメントさせていただきます。
2006/11/10 09:51  | URL | まつとも #MsNnmd2o[ 編集] |  ▲ top

こんにちは☆
取り急ぎ応援のみ!すいません!
今度じっくり!!
2006/11/10 17:10  | URL | チョーウォン #-[ 編集] |  ▲ top
心の傷・・・
女性は傷つきやすいし、ほんと大切にしないといけないと思いましたね。
命は大切だから、簡単に手首とか切らないでほしいですよ・・・
でも、応急処置が適切だったんで良かったですよね。
この続きがあるみたいなので・・・・
拝見させてもらって、コメントさせてもらおうと思います。
2006/11/11 01:51  | URL | 健一 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントありがとうございます!
>まつともさん
そうなんですよ、丁度思春期なのですしね。
本当に不器用で切ないですよね。
リストカットで死ぬ人はほとんど居ないでしょう。

>チョーウォンさん
ありがとうございます!

>健一さん
傷つきやすいのに性別は関係無いと思いますが、
少し感じ方が違うかもしれませんね^^
実際手首を縫うほど切っても簡単には死にませんが・・。
その子を見ていたので怖くて私は切ったりしなかったのかもしれない^^;
2006/11/11 14:09  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/28-870ca4eb


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。