スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自慢の娘
2009/10/26(Mon)
私の「お友達」の中には
年齢が近い人も居るけど、親の年代くらいの人も居ます。(※お客さんではありません。)

そんな年上の人を友達と呼ぶのは変な気もしますが
普通に飲んだり遊びに行ったりする、正真正銘のお友達です。


その中のある「姉さん」が先日、
自分の娘さんのことを「自慢の娘」と、嬉しかったエピソードを話してくれました。

私とほとんど年齢が変わらない娘さん。

趣味や仕事など色んなことで活躍しいて、
お母さんの事をとても尊敬していると言ってくれるそうです。

プレッシャーに負けず表に出る事を怖がらず、
お母さんに似て何事も堂々とこなせる娘さんです。


出来た娘さんだなぁ・・と

ふと自分を振り返ってみたけれど

私にそんな華などどこにも見当たらず。


種をどこかに落としてきてしまったのでしょうか。

お酒のつまみに食べちゃったのかもしれません。


まぁこんなもんだろうと思っています。

大きな華など咲かせる気は毛頭ございません。

私もそれなりに人生経験を積んできましたので
自分の「理想と現実」というものをよくわかっているつもりです。


だけど・・

何か一つ、得意と言えるものが欲しいです。
自信を持って、胸を張って言えるものが。

そんなものは自分次第でしょうが
自然と手に入れている人も少なくないわけで・・
25年間生きてきて何も持っていない私はつまらない気持ちになります。


私の父は、何のとりえも無い娘の私をどう思っているのでしょう。

私は父を自慢の父親だなんて一度も思った事はありませんし、それは本人もわかっています。

ろくでなしオヤジと言うと「ははは!そりゃどうも~。」と開き直って笑っているのん気なヤツです。


でもたまに父の彼女から連絡が来ると
「いつも良い娘だとか、苦労させたせいで気が強いけど旦那見付かるかなとか言ってるんだよ。」と聞かされます。

父も小さくなったもので
恥ずかしげも無くそんな事を言うようになったようです。


今更何を言うか、好き勝手によく言えたもんだ。


それも気に障るから

父が「すげーな!」って驚くような何かをやってやりたいと思う私です。


その「何か」を見付けられるといいなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<生存報告 | メイン | くだらないこと>>
コメント

>25年間生きてきて何も持っていない私はつまらない気持ちになります。

人は自分の持ってないものばかりみえて、自分の持ってるものは忘れがちになりますね。持ってるものは「当然」という感覚になり見え難くなりますが、当然さえ失うと、当然としていた多くのものが、見えてきます。碧月さんは多くのモノ(能力や幸運など)をすでに持っていて、それに依っていまの「普通」が成立していると思います。まあ誰かに評価されるような事をしたい、という向上心も大事だと思いますけど
2009/10/27 04:35  | URL | j #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/238-17a07175


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。