スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
虐待にあった妹
2006/11/02(Thu)
私の腹違いの妹。

前に私が義理の母親に虐待にあっていた事を書きましたが、
その義母と父の間に出来た8個も年下の妹が
まだ3歳くらいだったと思うのだけど、異常な行動をしていた。

まず、
基本的にヒステリックな子供だった・・。
叱るととにかく反発をする。
これはまぁ普通なのかとも思うが、発する言葉が怖かった。

私が悪さをしたりワガママを言う妹を叱ると
「包丁で刺すよ!」と叫ぶ。
「脳味噌飛び散るよ!」とか。

普通の3、4歳の子供ってこんな事言うのでしょうか・・・
この子は人の殺し方を知っているんだなぁ。と変に関心する程であった。


そして決定的におかしな行動があった。

ある日、
突然義母がキッチンに向かって大声で怒鳴った。

「あんたいつまでそんな事してんのよ!」

妹はキッチンの流しにお風呂場のイスを持ってきて、その上に立ってずっと手を洗っていた。

義母が怒鳴っても辞めようとしない。
ただひたすら手を洗っていた。

私は義母に何も言えないので黙っていると
義母はキッチンへ行き、妹を引っ叩いた。

「あんたは毎日毎日・・水がもったいないでしょ!」

引っ叩かれても妹は泣かない。
部屋に戻ってきた妹に「何してたの?」と聞くと
義母が答えた。
「この子、放っておいたらいつまででも手洗う癖がついちゃってんのよ。」

私は「何で?」と聞いた。

すると義母は
「知らないよ、この前なんか30分くらいずっと手洗ってたんだから。」


その時は私も子供だったので、
異常な行動をする子だなぁ。としか分からずにいたけれど・・・。

今思うと妹は
叱られているばかりの自分を汚いと感じていたのか。
それとも義母を心から汚いモノだと感じていたのか。

とにかく心に何か異変があったんだろうと思う。


義母は妹が2歳を過ぎたくらいから夜の仕事を始め、
その間は私が面倒を見ていた。
何か困った事があれば2件隣に住んでいた義祖母(義母の母)の家へ行くという生活だった。

義母はその他に、テレクラの仕事もしていた。

義母もすぐに暴力を振るう父の事が怖かったらしく、
バレたらまずいような事は何でも私に言い、そして口止めをさせていた。

妹を妊娠中の時も
「パパにはタバコ吸ってるって事言ったら駄目だからね、絶対!絶対だよ。」と言われていたが、
タバコを辞めた父は臭いに気付き、私を問い詰めてきた。
私は怖くて白状してしまった。

義母はその後殴られ、大声で謝りながら土下座をしていた。
その光景はよく覚えている。
子供ながらに罪悪感でいっぱいだった。

テレクラの仕事の事は
「電話で男の人と話すだけでお金がもらえるからやってるんだよ。」と言われた。
しかし私はもう何も見たくなかったし、聞きたくもなかったので聞き流した。


ある日私が部屋で寝ていると
隣の部屋で義母と父が喧嘩をしている声で目が覚めた。

内容を聞いていると、
父が義母の誕生日を覚えていなかったらしく、義母が激怒した様子だった。
なんとも言えない悲しい気持ちになりながらそのまま布団にもぐっていたんだけど

数分後に物音と、義母の叫び声が聞こえた。

「何してんのよ!早くメディカルセンターに電話して!!」

私は何があったのかとふすまに耳を近づけ、様子をうかがった。
そのまま父と義母はバタバタと何処かへ出かけて行った。

現実から逃げるように、私は布団へ戻り眠った。

次の日学校から帰ると義母が言った。
「昨日パパと喧嘩になってね、見てこの傷。」

まだ小さな妹の目の上が数センチ縫われていた。

妹は両親の喧嘩に巻き込まれ、
父が視界の邪魔になった妹を押しのけたら近くにあった割れた水槽に顔を突っ込んでしまったそうだ。

あと1センチでも場所が違っていたら片目を失っていただろう。


私は寝ていて何も知らないフリをして驚いて見せたが、
怖くて仕方が無かった。

私も家に帰った瞬間食器や小物を投げつけられたりしていたが、
妹はまだ小さいのだ。
ワケが違う。
それなのに同じように可哀相な目に合っていた。

そのまま父と義母は離婚し、妹とは離れ離れになったけど
離婚直後には何度か義母の家に遊びに行った事があった。

幼稚園に上がっても妹はやっぱり普通の子とは違う行動をしていた。


長くなってしまったので続きは次回に・・


↓応援クリックお願いします★

スポンサーサイト
この記事のURL | 幼少時代・虐待 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<心に傷を負った子供 | メイン | そして彼女は>>
コメント

この段階ではコメントしにくいですね・・・
この話がハッピーエンドならいいのですが・・・
それでも応援!
2006/11/02 08:07  | URL | 請負人 #-[ 編集] |  ▲ top
心の傷
私は虐待の苦しさはわかりません。
きっと深い傷を負っているのでしょうね。
誰にでも傷はあると思いますが、
その深さは人によって違います。
ただ、その傷の分人にやさしくできる人になっておられるといいのですが・・。
2006/11/02 10:10  | URL | まつとも #MsNnmd2o[ 編集] |  ▲ top

どこにでもあるのですよね。親のエゴ。
子供には親が思う以上に敏感に感じ取ってしまう。
子を持つ親として・・・耳が痛いです。
ポチ!
2006/11/02 15:14  | URL | ume #-[ 編集] |  ▲ top
管理人です<(_ _)>
>請負人さん
良い話じゃないですからね・・暗くなってしまいますね^^;
応援ありがとうございます!

>まつともさん
そうですね、妹の心の傷は小さくはなかったと思います。
私は後に義母に感謝するようになったので大した傷は無いんですが^^

>umeさん
子供だと親に何かを言われても意味がわからない事が多いように思えます。
それを分かった上でしつけをしていかなければならないのでしょうね。
お子さんを沢山褒めてあげてくださいね^^
応援ありがとうございます!
2006/11/02 19:31  | URL | 碧月 #aEmTB4nk[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/20-1ffa38c8


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。