スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
伯父の余命
2009/03/28(Sat)
ここで言うつもりはありませんでしたが
去年の末に、伯父の主治医から「余命はあと半年程度だろう」と余命宣告をされました。


去年の夏に田舎に帰った時には
「伯父さんちょっと痩せたなぁ」と思うくらいでしたが

東京に帰ってきてから少しして「腸閉塞で倒れて、手術をした。今は検査中。」と連絡が入り
検査の結果はステージ4の悪性リンパ腫でした。
末期の大腸癌です。

それから秋にも田舎へ帰り
病院へお見舞いへ行ったのはまだつい最近のことのように思えます。


伯父は私たちがお見舞いから帰ろうと廊下を歩いていると
私に突然抱きついてきました。

普段、真面目で大人しくて、本当に優しい伯父です。


一瞬驚いたのですが、その行動に深く大きな気持ちを感じました。

それからエレベーターのドアが閉まりそうになるたび
何度も手を突っ込んでドア開けては「ほんまにありがとうな!気を付けてな!」と言って別れを惜しんでいました。

病院の外に出ても伯父は暗い廊下の窓からずっと手を振っていました。


私は冷静な性格という立場もあり、
伯父家族の方が私よりも辛いはずだし

伯父本人こそ、辛さと申し訳なさと寂しさと、沢山の思いを抱えて静かに戦っていました。


「皆は病気なんかしちゃいけんよ、体壊してしもうたらそれで終わりなんじゃけぇ、体は大事にせんといけんで。」

歩行もままならぬ細いからだで、優しい笑顔で伯父はそういいました。


そして年末、余命はもう短いと聞きました。

持って半年だろう、と。


最悪の覚悟は必要だろうと思ってはいたけど
それでも信じたくはありませんでした。

信じてしまっては負けを認めるのと同じだとしか思えなくて
主治医がそう言っているのに、田舎の家族には「本当に半年で死ぬのかって言ったら、医者にも誰にもわからない事なんだよ。」と言いました。
それは私自身に言い聞かせていたそのままの言葉です。

もう無理だと思ってしまった時点で、終わってしまうから。

その時の覚悟は胸の奥の奥ですればいい。


そしてその半年という時期が近づいてきました。


スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<春の写真 | メイン | 春になり思い出すこと>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/199-bd0ce297


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。