スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お父さん
2007/04/05(Thu)
今では私の職業も、すっかりOLとなった。

今の会社に入社して気付けば1ヶ月以上経ったのだが、
今頃知ったのだ、関東では大手の不動産会社だと。

入った時期が悪かった。

3月なんてとにかく忙しい。

1ヶ月経って、会社にも馴染んできた今、私に振られる仕事はかなりの量だ。
社員の仕事を引き継ぎ、そして他の社員の事務も手伝っている。

その忙しい時期に、フラフラになりながら仕事をする父と同じくらいの年齢の社員を見て、
私は少し寂しくなった。

季節は春。
桜は美しく咲き誇り、そして静かに散ってゆく。

その儚さが私の気持ちをこんな感じにさせたのだろうか。

明らかに過労や寝不足で疲れ果てた顔の40過ぎの社員たち。
年度末を乗り切るために必死で仕事をこなしていく。
毎日3時間くらいの残業は当たり前。

つい最近入ったその年代の新入社員も入るやいなや、一気に仕事を任されている。
頭を掻き毟りながら言われた仕事をどうにか覚えようと必死に詰め込んでいる様子。

重要書類のコピーを撮ろうとしたら紙が詰まり、
シュレッダーにかけようとしたら中身は一杯で、捨てようとしたら散らばってしまい掃除機をかける。

ミスをすれば入ったばかりであろうと自分より年下の社員や、上司に叱られている。

朝早くから夜遅くまで・・

みんな頑張っている。

見ていて切なくなった。

それがまだ若い社員ならなんてことないが、
やはり年齢とともに色々と負担は大きいはず。

私は社会というものを知らなすぎたのだろうか。

夜の仕事ではいつも聞いていた。
残業だの寝不足だの、愚痴だのと。

だけど実際には何一つ知らなかった。

社会ってのはこうゆうものなのか。

でもその社員は笑顔で、お昼休みや夕方になると飴をくれたりする。
「いつも大変だね、ちょっと息抜きしてください。」と、私が言われるのだ。

お茶でも入れてあげれば良いのだろうが、
そうも出来ないもので笑顔でお礼を言うだけだ。


私の父も仕事だけは真面目にする人で、
過労とストレスにより胃潰瘍になって仕事中に大量の血を吐き1ヶ月ほど入院することもあった。

そして本格的にヤクザの道に足を踏み入れ、毎日毎日電話でヘコヘコしていた。

私には母親は居ないも同然だが、はやり親というのは自分が大きくなるにつれて小さくなっていくものだ。

それは見ていてとても切なく寂しい。

父には散々辛い目にあわされた。

お父さんなんて大嫌い。
今死んでくれたって構わない。


そう思っていた私も、今は父の寂しさがわかる気がする。

桜の儚さと命の尊さを感じている春です。


ブログランキングに投票していただけたら嬉しいです<(_ _)>

スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<仕事は甘くない | メイン | なんとなく>>
コメント

少しずつ何かが分かっていくんだね・・・

時間をかけて
と、言いたいのですが、時間も限りあり
ホントに大切なことは早く早く

気づきたいものです。

気づいているフリでもいいです。
2007/04/05 23:45  | URL | さくらい聡 #-[ 編集] |  ▲ top

よくわかります。


>でもその社員は笑顔で、お昼休みや夕方になると飴をくれたりする。
「いつも大変だね、ちょっと息抜きしてください。」と、私が言われるのだ。


その人は、外から見ている碧月さんとは全く違った心境で生きているのかも知れないですね。

会社での地位とか社会的成功が、必ずしも本人の幸せとは関係はないんだと思います。
2007/04/06 01:35  | URL | kazu #-[ 編集] |  ▲ top

>さくらい聡さん
時間の限りというのはなんとも切ないですね。
今しか無いってことを忘れちゃいけませんね。
気付いてるフリとは今の私のことかもしれないです。

>kazuさん
それでもやる!のが男の生きがいなのでしょうかね^^
辛いけど笑顔を忘れない社員さんには私も元気をもらえます。
でもあまり無理してほしくないなぁ・・と余計なお世話なことを思ってしまいます。
たしかに地位とかってあまり関係ないですね。
心意気を大事にしたいです。
2007/04/08 01:26  | URL | 碧月 #-[ 編集] |  ▲ top

男と女って、かなり違うんですよね。
そういうことに気づきだしたのは私も最近です。
それまでは人間だから同じだろうと思ってました。

男は与える性質で、女は受け取るという性質があるそうです。

男性は与える事で喜びを感じ、女性は受け取る事で喜びを感じる、そうです。

だから男は自分は誰の役にも立てない、と言って悩み、女性は誰からも愛されない、と言って悩むのだとか。

そういう傾向は確かにあるかも知れないなと思います。
2007/04/08 23:29  | URL | kazu #-[ 編集] |  ▲ top
詩人ですね
そういえば、勝手に上がりこんで
コメントしてましたよね・・・いつも有難う!

貴方様の年齢で家族の大切さが分かっただけで、
少し進歩だし、エライと思います。

桜って散るとき寂しいよね・・・満開を見逃すと
「しまったぁ」ってなります。
2007/04/15 01:08  | URL | さくらい聡 #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://urajijyou.blog79.fc2.com/tb.php/122-1a52a5dd


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。