スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスマスシーズン到来
2008/11/29(Sat)
前も書いたかな?

私はクリスマスの時期が大好きです。


「クリスチャンでもないのに」とか
「どうせ一人身だし興味無い」とか

そんなことを言う人も居ますが、私はこの時期が大好きです。


何故かと言うと、単純にハッピーな時期だからです。

街はイルミネーションでキラキラ輝くし
クリスマスソングも素敵な曲ばかりだし。

サンタさんもいざ出番です。


そんな雰囲気だけで幸せな気持ちになります。

夢があって、綺麗で、そして素敵な時期です。

どうせなら楽しみたい、せっかくだから。
とりあえず乗っかっちゃおう!って、毎年意気込んでます。

こんな気持ちを失ってしまっては、何をしても楽しくないんじゃないか?と思います。

楽しい時間は1回でも多く、1分でも長くあった方が良いのです。


DSC07343.jpg

DSC07345.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ありがとうと何度も言う日
2008/11/26(Wed)
昨日25歳になりました。


1年で1番「おめでとう」と言われ

そして「ありがとう」と言う日です。


数の多さではありませんが
毎年本当に沢山おめでとうと言ってもらえます。

私は幸せ者です。


ありがとうという言葉は
きっと何万回言ったって、何万回言われたって
少しも意味を失わない言葉です。


「ありがとう」

そう言えることがありがたいわけで、言ったもん勝ち。言えるだけ。


感謝
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
お年頃
2008/11/23(Sun)
私もいよいよ25歳になろうとしています。

このブログを始めた頃は22歳だったかな?

22歳だとまだ若い!けど、25歳にもなるとすっかり「大人」ですね。
世間から責任感の強さをを問われる気がしてます。

自分の感覚的に、25歳は「お姉さん」ですよ。

こそばゆいねお姉さんて。
いとこ達はお姉ちゃんと呼んでくれます。
嬉しいことです。


これ以上驚くことは何も無いんじゃないかと思うくらい、
本当に色々な経験をしてきました。

悲しむことや喜ぶことはまだまだたくさん待っているんだろうけどね。

ちょっとのことじゃ驚かなくなったなぁ・・。
良いのか悪いのかはわからないけど、冷静さと簡単には曲がらない精神(根性?)は人並み以上でしょうね。


なんだか色んな人に、感謝の気持ちでいっぱいです。


私の教訓

「何とかなるもんだ。」



さぁ今年も残すところわずかですね。

のんびりいきたいです。

忙しすぎるのもいけませんし、時間を持て余してもいけません。
丁度良い自分のサイクルを作れるのが、理想的ですね。



先日初めて東京タワーの真下へ行きました。

DSC07254.jpg

DSC07255.jpg

DSC07288.jpg

DSC07303.jpg

DSC07313.jpg



小さな冒険者、見えるかな?

DSC07278.jpg




この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
めでたい報告です
2008/11/06(Thu)
このブログを読んでくださっている方、コメントを下さった方、いつもありがとうございます。
暖かいお言葉ばかりをいただけていて、嬉しい限りです。

邪魔くさい業者の自動コメントも多いですが、チェックをしては削除するようにしています。
不快に思われるかと思いますが対処法がわからずで・・申し訳ないです。


今日は嬉しい報告です。


まず、私も心底父には呆れてしまうのですが・・

なんと弟が産まれました!

11月4日に。
私の25回目の誕生日が11月25日なので、25歳離れた弟です。

前代未聞とまでは言いませんが、なかなか居ないんじゃないでしょうか?笑

それでも嬉しいですね。3600グラムを超える立派な男の子だそうです。

父の“彼女”には本当に感謝しています。
ちなみに今年30歳の若い女性です。

本当に呆れてしまいますね・・。



それから、伯父の大腸癌悪性リンパ腫)ですが、
私が岡山へ帰ってお見舞いに行って帰ってきた直後に面会が家族以外は駄目、と制限されてしまい・・

免疫力が落ちていたのでしょう、歩くのも辛い状態になってしまっていたそうです。

が、なんと!

その後白血球の数値も回復・安定し、本日退院が決まったようです。


私がお見舞いに帰ったときは、
お正月も帰れるかわからないと主治医は言っていましたが、なんとも早い回復で・・


岡山の家族も不安がるばかりで、
父は父で、私にだけですが「もう半年も持たないんじゃないか」なんて根拠も無い馬鹿な事を言っていました。

私は信じていました、そんなにすぐ死ぬわけないだろう、と。

色んな医療関係の友人に相談しては勉強して、
ありがたいことに良い御札なんかも取り寄せていただきました。

そりゃあ私だって不安でたまらなかったです。
あれほど強がったのは久々でした。


医療関係の友人に相談して今回一番勉強になったのは、
家族全員が病気を受け止めて、前向きになること。

強く戦おうとしなくていいから、不安に思わないこと、思っても漏らさないこと。


何事も心から。


ランキングに参加しております、クリックしていただけると嬉しいです。

この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。