スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
記憶
2008/02/09(Sat)
随分前の記事になるけど、私は小さい頃・・・辛かった時期の記憶があまり無い。

恐怖でしかなかった日常の一部を覚えていない。

ハッキリと覚えているのは、今でも鮮明に残っているのは、
刺すような痛みと自分の真っ赤な血。

苦しくて苦しくて気が遠のいていく感覚と、いつまでも恐怖でいっぱいの暗闇。

それだけは消えてくれなくて

どうしてそんな思いをするのかがわからなかったから

何が悪かったのか

今でもわからないから

だからそれだけはずっと消えない。


でも今日の記事はそんな暗い話をしたいんじゃなくて。


どうしてか私は、何でもない日常をよく覚えていることに最近気づいた。


まだきっと4歳くらいの頃だったと思う。

私は押入れの中に入るのが好きだった。
おじいちゃんとおばあちゃんの部屋の、布団が入ってる押入れ。

そこに入ってはよく昼寝をしていた。

普通だったら悪いことをしたお仕置きに押入れに入れられちゃうみたいだけど
私には何故だかすごく落ち着くのを覚えている。

その話をおばあちゃんにしたら、「よぉ覚えとるなぁ~。」と関心された。


他にも義母の言っていた何でもない言葉をよく覚えている。

本当に何でもない言葉。

「唐沢寿明がカッコイイ」とか「肉料理は一回茹でて脂を落としてから料理すると太らない」とか。

それは私に言った言葉ではなくて、誰かとの会話を聞いて覚えているわけなんだけど・・・
そんな義母のどうでもいい言葉を、普段生活している中で幾つもいくつも思い出す。

「包丁一本~さらしに巻いて~♪」って歌ってたのも覚えてる。


不思議だなーって思う。

それも思い出・・・か。



スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
そうやって生きてきたんです。
2008/02/05(Tue)
題名の一言だけ言いたかった。


素直という要素を持った馬鹿が大好きです。

私の周りには馬鹿ばっかり。

どうしてそんなに馬鹿なの?って思う。

みんな、『ナチュラル馬鹿』って言葉がよく似合う。
私が思いついた言葉。

ネットで検索すればヒットしそうな簡単な言葉だけどね。


類は友を呼ぶんだってさ。


痛くても辛くても、笑い飛ばしちゃうのがナチュラル馬鹿。

ちょっとは気にしてるんだけどね、笑っちゃう。


死ぬまでは懲りないよ。



この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
笑う門には福来る
2008/02/02(Sat)
私は人一倍「お笑い」が好きです。

テレビで観たり、新宿にあるルミネtheよしもとなんかにも行ってお笑いを楽しんでいます。

笑いは何よりの元気の源だと思うし、
ああいった人を笑わせる話術は、人と話すときにもとても役に立ちます。

だけどずっと前からお笑いが好きだったわけではなくて、そうゆう番組なんかを観始めたのは2年くらい前から。
たまたまキッカケがあってからのことです。

人を笑わせるのが職業だなんて、なんて素敵なんでしょう。


「何のために生きてるんだろう?」

人生の意味とは、なんて、いちいち深く考えたいことではないけど、私が答えるなら「笑うため」かな。

心から笑える時間って、何より幸せ。


話は変わって、数週間前の土曜日の夜7時過ぎのことでした。

突然地元の高校からの付き合いの親友ちゃんから電話があって、私はそのとき家に居て特に何もしてなくて。
・・・家でのんびり過ごしてたわけで。

「なら遊ぼうよ~!」って言われて。

そんな急なお誘いに「わかったよ。」と返事をして、
急いで支度して待ち合わせた新宿駅まで行って。

会うなり言われた言葉が「急にごめんね~♪今日は朝まで飲もうよ~!」

更に急なトンデモ要望だったけど、まぁとりあえず適当に飲みに行こうかって言って、私がよく行っている飲み屋へ行くことに。

そして始まった2人の宴。

夜7時半頃に誘いの電話があって、新宿に着いたのが9時過ぎで、店に着いたのが9時半頃。

それから飲んで家に帰ったのが朝の8時ちょっと前。

10時間近い驚きの飲み続けだったわけで。


その子とは高校も同じで、高校の時のバイト先も同じで、更には卒業後の客層の悪いアゲアゲのパブでも一緒に働いていて、
というか私がそのパブを辞める跡継ぎにと声を掛けたのがその子だったんだけど。

珍しく私よりもお酒が強くて、かなりのドジで、でも素直で明るくてまっすぐで絶対人に愛される子だって思って夜の世界に引きずりこんじゃった。

そしてその子は歌がとても上手。
ボーカルとして活動しててCDも出してる自慢の親友。

その子は私が笑いのツボだって言ってくれて、滅多に見れないお腹を抱えてヒーヒー言いながら爆笑する人。

高校で仲良くなったのもそれが原因(キッカケ)だったそうで。

泣き顔もお互い見てるし、
ドジすぎるとか人に気を使いすぎだとかって私が腹を立ててキツく言って泣かせてしまったこともあった。

その子がパブに入ってから何度も泣いたり辛い思いをしたみたいだけど、
暫く経って聞けば私よりも売り上げが良かったし、精神的にも強くなったし、やっぱり皆に愛されてたみたいだった。


で、何が言いたいかっていうと、
その飲み続けた10時間、ずっーと笑いっぱなしで楽しかったってこと。

始発で帰ればいいか~って思ってたんだけど、今まで生きてきた中で1番早く過ぎていった時間だったかも。
10時間が4時間くらいにしか感じられなくて。

2軒目はその子のお得意のカラオケで飲み放題で。

「まだ足りない!」「もーちょい騒ごう!」って結局お店の閉店時間の朝7時まで歌ったり話したり。

多分店がお昼の12時までだったらその時間まで飲んでたんじゃないかなって思う。

ビックリするほど楽しい時間。

偉そうな私は改札まで送ってもらったんだけど、バイバイする最後の最後まで笑い続けてて。

朝の新宿駅で酒臭い女2人が大笑い。



そのまんまの自分で10時間も笑ってられるってすごい贅沢。

そんな親友に出逢えたあたしは本当に幸せ者だね。


笑いの多い人生にしたいです。



近々ブログのタイトル変えようと思います<(_ _)>


この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。