スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
テスト
2016/02/18(Thu)
こんにちは
スポンサーサイト
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
新しいブログ
2013/10/26(Sat)
お久しぶりです、碧月です。

このブログを読んでくださってる方へのご連絡です。
今後、また違う私として、新しいブログを始めようと思っております。

「読んであげるよ!」という優しい方はいらっしゃいますか^^

最近のSNS事情や、色々な日常について書き始めたいなと。
予定は未定ですが、グラグラと地震が来ましたのでまたの更新とさせていただきます<(_ _)>
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
断捨離
2013/09/08(Sun)
不要なものを断つ「断捨離」という言葉があるけれど、昔から親に「お前は物を捨てすぎだ」と怒られるほど捨て癖のある私には断捨離など無関係で、来年の引越しに向けて整理を始めたはいいが捨てるものが殆ど無い状態で自分に少々呆れている。

あまりに見切りをつけるのが早いのは人としてどうなのか、と…。

まぁそうなってしまったのには育ってきた環境やら何やらが関係していて、それなりの理由になっているのだろうけど…。

もったいなくて中々捨てられない、という人の方が世の中には多いのでしょうね。
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
送る日常
2013/05/26(Sun)
「日常」とは「いつもある日々」であり、当たり前の毎日の中で些細な事に振り回されたり幸せを感じながら私たちは生きている。

だけど、時々そうじゃない日がやってくる。
先日、恥ずかしながら人生初の健康診断を受診したところ、乳がんの疑いがあるので再検査を受けるようにと言われてしまった。
まぁ、結果から言うと何でもなかった。
体質的なしこりと、空気だか水が少し溜まっている状態とのこと。全く問題ないそうだ。

しかし私は最初の診断結果に酷く怯えてしまい、再検査を受けることを躊躇していた。
そんな時に連絡を取ったのが地元の親友だった。
親友に近況報告としてその事を話すと、すぐに「付き添うよ、一緒に行こう」と言ってくれた。気付けば私は珍しく弱音を吐いてしまっていた。

逆の立場だったら私も迷わずそうするだろう。数日後の検査を約束した。
当日親友は、私が起きる頃にはもう家を出てしまっていた。そんな親友の行動がとても心強く感じた。
大袈裟だけど、人の心は誰かへの感謝や笑顔で生きているのだなと思った。正直それくらい再検査を怖くて不安に思っていた。

そんな流れで検査を受けることが出来て、結局何でもなくて安心して病院を出た。
「良かったー。またいつでも付き添うから、何かあった時はすぐ言ってね!約束!」と言ってくれた親友にランチを奢ろうとすると思いっきり拒否され、私のお気に入りの花屋まで連れて行き、大きくて綺麗なオレンジ色の花を一輪プレゼントして見送った。
昔から奢りを断固として嫌がるところも好きだったりする。


それから2ヶ月ほどだった頃のある朝…

「姉が一年にわたる闘病生活のすえ息を引き取りました。享年32歳です。今まで本当にありがとうございました。」

というメールが、その親友から届いた。

まさかと思った。
がんだったのは知っていたけど、そんなに病状が重いとは聞いてなかった。

彼女(親友)がまだ小さい頃に、彼女のお母さんは病気で亡くなっている。
私には、お母さんとお姉さんとが重なって見えてしまった…。

お姉さんは中学生の時にお付き合いを始めた男性と10年以上も経ってからやっと結婚し、元気な男の子を産んで間もなかった。


……色々な思いがこみ上げてきて、
どうにもこうにも胸が痛んでしかたがありません。

それでも私たちは今ある日常に感謝しながら生きていかなければいけないのです。
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「普通」
2013/03/30(Sat)
最近よく、「普通に考えたらこうじゃないの?」「それが当たり前でしょう」と思うことが多々あります。

自分の意見を他人に押し付けたり、自己中心的に物事を決め付けることは良くないし、
あくまで一個人の意見でしかないのですが、
でも、でも、どう考えても「おかしいでしょ…」と思うことなのです。


会社での話。
身内の堕胎話を大きな声で笑いながらするような若い女の子。
仕事が忙しくなったら「もう無理!限界!私が倒れたらこの会社は慰謝料払ってくれるの!?辛くて死んじゃう!!」とわめき散らし、無理やり仕事を押し付けた同僚に対しては感謝どころか「すごい面倒臭い方法でやってるんだね。あたしはそういうやり方でやってなかったから」「大変そうだね、ドンマイ♪」「まぁ聞きたいことがあれば自分から声かけておいでよ」と嫌味を言い、陰では「アイツ作業遅いんだよね、早くしろよ」「バカなんじゃね?」などと文句を言う…。

こんなの、ごくごく一部です。


そんな人間を雇い続ける会社、「普通に考えて」おかしくない?
クビにするのが「当たり前」なんじゃないのか…。
クビにしないどころか、本人の希望で昇格させようなどというとんでもない話が出ているらしく、心底呆れる。


ただの愚痴なんですが…
言いたくもなる!

大人だからってそんな人に対して我慢し続ける必要は無いと思う。
不満を言えば弱音のように聞こえてしまう、文句を言えば言い訳をしているようにとられてしまう。耐えられない人はカッコ悪い。
日本の社会は腐ってる。


何の不満もなく、楽しく仕事をしている人がいるなら聞かせて欲しい。
この記事のURL | 私生活・小言あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。